東日本大震災後「ご縁」で出会った愛しき人たちと風景

“支援者”支援という発想

 

 今回、このホームページを作るにあたり、一つの大きな想いがありました。

 震災後「ボランティア破産」という言葉を多く聞きました。
 そして、被災地に行きたいのに行けない、という苦悩を聞きました。

 僕自身は、どこかの団体や法人に所属して、報酬や交通費などをもらう、という形を取りませんでした。

 

 それは、多数 対 多数 という形ではなく「1対1」が何人と繋がれているかを重視したからです。

 

 そのことにより、個人的な相談に柔軟に迅速に対応できました。

 

 しかし、個人には限界があることも当初から想定されていました。

 

・団体・法人・多数だから出来る事

・個人だから出来る事

 

 補助金や寄付などは、団体・法人が対象のものがほとんどで、個人の活動を支援する形は、僕の知る限りでは、ほとんどありません。

 

 なので、「個人」の支援者を支援するという枠組みを考えてきました。

 まだ、現実として形は見えていませんが、「寄付」という枠にとらわれない新しい、「支援」の形を模索しています。

 

 ぜひお知恵をお貸し下さい。

 

 このホームページは「“支援者”支援という発想」が、どういった形で可能になるのかの、
僕のTry【挑戦】でもあります。

 

 どうぞよろしくお願いします。

岩手県大槌町に3泊4日 車で行った場合の予算

 

高速道路代:片道:11,900円(往復:23.800円)

 衣笠IC(神奈川県)ー宮守IC(岩手県)

 

ガソリン代:15,000円

 片道走行距離 680km トータル1,500km

 1L / 15km走行、ガソリン:1L / 150円

 

宿泊費:18,900円 / 1人 3泊

 1泊 6,300円(釜石市「宝来館」素泊まり)

 

食費:12,000円 / 1人 4日分

 

雑費:5,000円 / 4日分

 

 合計74,700円 

 

 

このホームページでは、

今までの僕の取り組みを、

出来るだけ分かりやすく伝えてきました。

 

ご賛同頂ける方は、

ぜひ、「“支援者”支援という形で、

僕の活動を支えて下さることを、

心よりお願い申し上げます。

 

僕自身の活動の記録や日々の想いなどは、

下記のブログに綴ってあります。

活動報告として、これからも随時アップしていきます。

 

 

 

被災地の人たちと、

5年、10年、ずっとずっと共に歩んで行くために

お力をお貸し下さい。

 

よろしくお願いします

 

 

可児波起

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now